ピティナ・ピアノセミナー

ピティナ・徹底研究シリーズ

徹底研究シリーズとは、ピアノ指導の現場によく用いられる特定の作曲家・作品群を題材として、1999年以来不定期に開催される公開講座です。主に、ピティナ・ピアノコンペティション成績優秀者への公開レッスン形式で行われ、世界の第一線で活躍する教授陣が、指導と演奏に直結する内容を扱います。これまでに、バッハ、ショパンのほか、ブルーノ・リグット教授(パリ国立高等音楽院教授)によるドビュッシー、ヴラディーミル・トロップ教授(グネーシン音楽アカデミー教授)によるチャイコフスキーなどが開催されています。

過去の実績
● 徹底研究2018
音と響 ─ その先へ 音楽的感興に満ちた演奏を目指して
2018年5月13日
JTアートホール アフィニス(東京・虎ノ門)
講師:鈴木 弘尚
● 徹底研究2017
生徒の「個性」を引き出す多角的処方箋
2017年5月6日
王子ホール(東京・銀座)
講師:クラウディオ・ソアレス
● 徹底研究2012
ドビュッシー 生誕150年記念特別講座
2012年5月6日
洗足学園音楽大学(神奈川・川崎)
講師:藤井 一興
● 徹底研究2011
フランツ・リスト 生誕200年記念特別講座
2011年9月24日
洗足学園音楽大学(神奈川・川崎)
講師:野本由紀夫
● 徹底研究2010
ショパンの「舞曲」マズルカ ポロネーズ ワルツ
2010年5月3日
バリオホール(東京)
講師:小林仁
● 徹底研究2008
チャイコフスキー「四季」全曲公開レッスン
2008年8月26日(火)
Hakuju Hall(東京・代々木)
講師:ウラディーミル・トロップ
  • 2005年度 ドビュッシー:子供の領分、映像(ブルーノ・リグット)
  • 2002年度 ショパン:エチュード(ヴィクトール・マカロフ)
  • 2001年度 ショパン:スケルツォ(ダン・シャオイー)
  • 2000年度 バッハ:フランス組曲(ヘーミシュ・ミルン)
  • 1999年度 ショパン:バラード全曲(エフゲニィ・ザラフィアンツ)
【広告】