ピティナ・ピアノセミナー

作曲家は聴き手に語る――音楽の修辞学からみるピアノ曲

定額制(年額6,600円)で動画が見放題のeラーニング。セミナー動画や、ここだけのオリジナルインタビュー動画など、学びの要素が詰まったコンテンツが続々と増えています。 こちらで毎週の新着公開動画をご紹介。eラーニングで学びを深め、知識を定着させましょう。

新着動画紹介
作曲家は聴き手に語る――音楽の修辞学からみるピアノ曲
講師:上田 泰史

作品は、作曲家の創造物であるーーこれは、みなさんにとっては当たり前のことでしょう。しかし、作品の「親」には、作曲家が意識していた「聴き手」も含まれているということは、以外と見落とされがちです。作曲家たちは、聴き手は、言葉で人の心を操る弁士のように、音で聴き手の情緒を喚起しました。この講座では、バッハ父子やハイドン、モーツァルトたちが大切にした、音楽と修辞学の密接な関係を紐解きながら、2020年度のコンペ課題曲を用いて、旋律・和声の構造、そして形式を観察し、作品・演奏と聴き手の関係を一緒に考えてみましょう。

eラーニングを活用しよう

インターネットを通じていつでも気軽に学べる動画配信サービスです。無料動画も多数公開中!ぜひ一度、アクセスしてみてください。

▼ eラーニング登録はこちら ▼
【広告】